シヴァリンガム/Shiva Lingam

シヴァリンガムLLサイズ☆

ヒマラヤのお膝元、インドからシヴァリンガムが入荷致しました♪
どっしりとした重厚感があるLLサイズ♪
お守りやヒーリングアイテムにいかがでしょうか?

シヴァリンガム/Shiva Lingam

シヴァリンガム/Shiva Lingam

全部で4種類

A 縦 およそ 9cm 横 およそ  4cm  重さ 218g
B 縦 およそ 9cm 横 およそ  4.3cm 重さ 234g
C 縦 およそ  11.5cm 横 およそ  5cm 重さ 412g
D 縦 およそ  11.5cm 横 およそ  4.5cm 重さ 318g



【シヴァリンガム/Shiva Lingam】

インド・ナルマダ川から採取されるという、シヴァ神の化身と言われる、シヴァリンガム。
隕石由来の物質であるとか、巡礼地となっているインドの中西部に流れている聖なるナルマダ川の川底深くに蓄積している[クリストバル石]と呼ばれる砂岩からできていて、
1年に1度だけヒンドゥー教の敬虔な(神仏につつしんで仕える)教徒だけが採取する事を許され、採取したクリストバル石を1つ1つ手作業でリンガムの形(均等なオーバル型)に整えて寺院に奉納しているそうです。

インドの寺院には性器を象った「リンガ」が安置されており、
シヴァ信仰における重要なアイテムであり、その石は男性性器の形で豊饒を印し、多くの寺院では女性性器“ヨニ”の上に立てられています。

シヴァリンガムの「シヴァ」はインドのシヴァ神、「リンガム(リンガ)」はサンスクリット語で男性器を意味します。
シヴァは、繁盛の神様、ガネーシャの父であり破壊・殺戮・恐怖を司る神様ですが、逆に創造・再生の恩恵を施すという、インド(ヒンドゥー教)の三大神の1人です。
破壊というのは 一見、悪い意味に取られがちですが
新しいことや変化を求めるときはまずは現状を突き破らなければ始まりません。

リンガの形状がもつパワーとインド、ヒマラヤのパワーが混合し、
まさにエネルギーのコラボレーションと言えるでしょう

また、子宝のお守りとしての機能も果たします。

シヴァリンガムの持つ濃淡の2つの色は、それぞれ男性性、女性性を表しているという説もあり、その両方のバランスをとり、身体や精神の乱れを整えて細胞レベルまで活性化してくれ、
既存の+(プラス)・−(マイナス)エネルギー、そして男性性・女性性のエネルギーを融合させ新たな生命エネルギーを生み出す力があるとも言われております。

価格 0円(内税)
シヴァリンガムLサイズ

SOLD OUT

Top